トップページ
タイプ別検索
ご利用方法
プライバシーポリシー
お問い合わせ
ーヤが行く5000円の旅
〜 車中泊の旅レポート 〜
Photo:サロベツ原野駐車場




谷岬の旅
2013年6月掲載






こんにちは。
6月3日は株式会社ソーヤの創立記念日です。
今年でやっと創立5周年。
「ソーヤ」の社名は「宗谷岬」が由来なので、6月3日の夜はソーヤ岬でカンパイします。

大洗港からフェリーに乗船。



フェリー到着後、先に飛行機で北海道に上陸をした友人達と、札幌市内で宴会。翌日北上を開始。
途中の留萌で仕入れたホカ弁を、「道の駅おびら」で食べます。
たったワンコインの弁当でも、とても贅沢に感じます。
北海道マジック。



天塩で暗くなり、そろそろ温泉。
てしお温泉夕映。



今夜の車中泊地、サロベツ原野駐車場。
もちろん誰もいません。さすが原野だ。

ビールを飲みながら、DVDを観ながら、パソコンでドライブレコーダーの編集をしながら、スマホをいじっていたら、人生初の職務質問を受けました。
23歳の美人婦警さんです。
さっき風呂に入っておいて、ホントによかった。



おはようちゃん。
夜明けの紫色の景色を撮影したくてココで車中泊をしていたのに、寝坊だ。
天気がイイのに気分が落ち込みます。





ちなみに以前撮影した紫色の景色はこれね。




いつも圧倒される風力発電の風車



オロロンラインを北上中に左に見える利尻富士。



サロベツ原野のド真ん中、パンケ沼。
車にルアーが積んであったので、ちょっとやってみよう。
その前に、ネットで「パンケ沼 釣り 禁止」と検索をしてみる。
よし。釣っても平気そうだな。
よし。何か釣るか。
よし。全く釣れなかった。
よし。時間を無駄にした。
よし。
よくねーよ。



なんてことだ。もう夕方だ。
貴重な北海道旅行の時間が過ぎていく。
とりあえず立ち寄ったノシャップ岬で途方にくれています。





23時に宗谷岬に到着。
23時59分にビールをぷしゅっと開け、6月3日0時になってから「カンパーイ」。
いやぁー、創立5周年か。いろいろあったなぁ。
なぁ。あれ、誰もいない。俺ひとりじゃん。
ひとり旅最高だぜ!

今夜はここで車中泊。貸し切り状態。






ここは「宗谷ふれあい公園」。稚内空港の隣にある、広い道立公園。
この日、私の妻が稚内にやってきます。楽しいひとり旅も終了です。

幸運にも、我がアウトランダーと、妻の搭乗機を同じフレームに収められました。
不思議に思うかもしれませんが、ウチの夫婦は「現地集合 現地解散」が基本なのです。




夫婦で創立5周年を祝います。
稚内の美味しい料理を食べ、その後夜の街を飲み歩きます。
すでに創立記念は忘れ、ただの飲み会となっております。



翌朝、「トロッコ王国美深」へ。
廃線となった線路にエンジン付きのトロッコを載せ、爆音と共に緑の中を疾走します。
私は「ヒャッハー」と奇声をあげ、妻は口を半開きのアホ面で乗っていました。
盗撮されていないことを祈ります。





「道の駅 絵本の里 けんぶち」
その名の通り、すばらしい文学作品が販売されています。





途中にあったドライブインにて。
絵本から飛び出したようなソフトクリームです。
これで色が茶色なら完璧です。





かなり南下し、アイヌ民族博物館へ。
アイヌの唄や踊りを堪能し、すっかり感化された私はアイヌの楽器(名称:ムックリ)を買いました。





深夜出航するフェリーで帰京です。
4人用の個室を一人で使わせていただき、港で仕入れた酒と食材をテーブルに並べ、洋上で夜明けまで一人宴会。
これ以上の贅沢な時間を味わったことがありません。



翌日の夜、大洗港に到着。
創立5周年の旅は終わりました。10周年に向けてがんばらねば。
また次回!



2013年6月掲載












汎用品でつくる「秘密基地







専用品でつくる「秘密基地」






















SAWYER.CO.,LTD.



Copyright (c) 2008-2018 株式会社ソーヤ All Rights Reserved. Designed by SAWYER.