ソーヤ オンラインショップ
 製品レポートブログ  栃木県・湯西川温泉の旅
トップページ 製品レポートブログ お客様投稿 ご利用方法 個人情報保護 お問い合せ

ソーヤ製品レポート/車中泊の旅ブログ

注意事項

今回の目的は、湯西川温泉の貸切露天風呂でマッタリする事です。
鬼怒川や日光に隠れて今一マイナーっぽい印象ですが、私のお気に入りです。

ご覧の通り、旅車が変更になります。
新型アウトランダーはデザインがちょっとアレなので、旧型を仕入れました。一応新車ですよ。

湾岸高速の市川パーキングから出発です。
東北道のパーキングで「ニララーメン」を堪能し大満足でしたが、その後の車内はニラ臭が充満してました。

そんな小さい事は気にせず、湯西川に通じる国道121号線を進みます。
国道121号線沿いにある【道の駅湯西川】。
その奥の第2駐車場です。
良い雰囲気です。誰もいません。
そもそも雪が深くて、誰も居るはずがありません。

今夜はここで車中泊です。
この道の駅で今夜のおつまみたちを購入。
「チーズ湯波」が珍しく思えたので購入してみました。

チーズ味の湯葉でした。
隣の「わさびせんべい」は、わさびのせんべいでした。
隣の「アーモンドチョコ」は、アーモンドのチョコでした。
お目当ての貸切露天風呂がある温泉旅館【平家の庄】まで、さらに進みます。

ここは【平家の庄】の斜め前にある酒屋。
雪中星空宴会の友を探します。どんな地酒があるか楽しみです。
ほーらあったあった。
地元の匂いがプンプンする酒が。
大好物のどぶろく。冬季限定だそうです。
温度が上がると、発酵しすぎてフタが勝手に開くらしいです。

このどぶろく、湯西川温泉の若女将たちが仕込んだお酒とか。
ところで若女将の「若」って、何歳くらいまでなんでしょうか?
重要ですよこれ。
妄想の広がりが違いますから。

って、友人の税理士が言ってました。
さてさて、やっと到着しました。
【平家の庄】。
貸切温泉風呂が10個以上ありまして、その全てが立ち寄りで入浴できます。
その内の2〜3をご紹介します。
普段なら温泉内を撮影しませんが、貸切風呂なので、撮影。

以前にも記述しましたが、温泉にカメラを持って入るのは、変態か無神経のどちらかでしょう。
以前にも記述しましたが、どちらかといえば私は前者です。
いやぁ、いい感じですね。
一人で入る贅沢感がたまりませんな。
氷点下の気温の中、湯船にドブンするのが楽しみです。
よっしゃ。次の風呂。

変な名前の風呂。
なんだよプラズマ風呂って。
へえー。以外と普通じゃねえか。
なんか看板が掛かってるが、無視だ。
俺には関係ないぜ。
無視した結果をお知らせします。

こかんとおしりがいたい。

入浴タイム20秒で限界。
次だ。次に行くぞ。
これは典型的な露天風呂だ。普通っぽいぞ。
おー。極楽だ。
目の前が川。雪が降っている。
最高の状況ですぞ。

隣で入浴しているカップルの騒ぐ声が響いてきました。
うらやまし やかましいので、嫌がらせに「ヨイトマケの唄」を大声で唄ってやったぜ。って妄想をして我慢しました。
長湯をしていたら、すっかり陽が暮れて夜になりました。
近くでかまくら祭りをしていましたので、見学してみます。

広範囲に亘り、ミニかまくらが広がっていました。
ほんとにミニだ。
これはスタンダードサイズのかまくら。
本格的なかまくらを見るのは初めてです。
私の想像を遥かに超えた頑丈な造りでビックリしました。
よし、道の駅に戻ろう。
夕方に購入したどぶろく(画像は、その一部)でも飲もうか。
多少発酵してフタが膨らんでいる。

しかし美味そうだな。
よっしゃぁー、いただきますっ。
これが楽しみで旅するんだよなー。
氷点下10度か。まあ気にしなくていいや。
雪の上は気持ちいいな。

・・・チビチビ
・・・グビ
・・・グビグビ
・・・グビグビグビグビグビグビ

その後の様子は割愛します。

かろうじて凍死は免れました。



今夜の宿です。宿泊代は無料。
どんな場所でも宿泊可能な移動式宿泊施設です。

オハヨゴザイマス、シャチョサーン。

帰り道にあった、「たまり漬専門店」で、たまり漬の素を購入。
たまり漬は万能です。なんでも美味しい漬物になります。
帰宅してから、キュウリとナスとチーズとゴボウとニンニクと消しゴムと鉛筆と文庫本と嫁を漬けました。
頼むからマネすんなよ。

皆様また来月でございますです。

ソーヤ製品レポート/車中泊の旅ブログ


Copyright (c) 2008 株式会社ソーヤ All Rights Reserved. Designed by SAWYER.