ソーヤ オンラインショップ
 製品レポートブログ  静岡県・寸又峡の旅
トップページ 製品レポートブログ お客様投稿 ご利用方法 個人情報保護 お問い合せ

ソーヤ製品レポート/車中泊の旅ブログ

注意事項

皆様、一ヶ月ぶりのご無沙汰です。わたくし、株式会社ソーヤのシャチョサーンです。

今月は、大井川を探検します。大井川と言えば、大井川鉄道・SL機関車です。
41年生きてきて、SLに乗ったことがありません。
関係ありませんが、このデリカD:5も、なんとなくSLっぽいです。

ここは東名高速足利サービスエリア。いつも通り、前日の夜中に出発して車中泊しました。
朝は空気が澄んでいて、富士山がキレイに見えます。
カメラマンが「やきそば食べたい」と騒ぐので、
富士川PAで富士宮やきそばを購入。
富士山を眺めながら、やきそばタイム。
東名高速を清水ICで降り、R1→R362と進みます。
R362は国道と思えないような道です。
とにかく細い。でもなかなか景色は良いです。

茶畑の中を快適にドライブします。
途中の待避所で一服。
南アルプスの山々がドーン。
ウルトラセブンがドーン。

・・・え?
ウルトラセブン?
この軽トラに、オークションで買った80万円のウルトラセブン積んで走りまわっているそうです。なかなかイイ味したおじさんでした。

よく見れば、ウルトラマン太郎と書いてあります。「これはウルトラセブンですよ」とは突っ込みませんでした。

誰か教えてあげてください。
「正義のミカタ」と書いてあります。
この車をアオる奴は、必然的に悪者ということになります。気をつけましょう。
さて、モロボシ・ダンと別れたあと、目的地の一つである千頭駅に到着しました。

道の駅「音戯の郷」が隣接しており、SLに乗る人は、ここに車を停めます。
SLには明日乗ります。
今日は千頭駅前をブラブラ散歩してみます。
千頭駅。

大井川鉄道で一番メジャーな駅のようです。
SLの運行時間。
シーズンなどによって違いますが、1日1〜2往復くらいしか運行していません。
明日の行動予定の参考にしなければ。
千頭駅をあとにして、寸又峡温泉にやってきました。

ここは中心部にある大きい駐車場です。今夜の車中泊場所になります。

町営の温泉に入って、マッタリしましょう。
温泉の休憩室にて。
地元で購入したツマミと酒(の一部)。
今夜は雨だから、車内でのDVD宴会だな。

また干し芋買ってしまった。
トイレ完備、温泉近し。なかなか良い車中泊場所です。
眠いので、とっとと寝ました。

おやすみー
オハヨゴザイマス、シャチョサーン

あーよく寝た。近所の温泉で朝風呂してから出発です。

まず最初は、寸又峡温泉から少し移動して、大井川鉄道井川線のアプト式電車にのります。
アプト式電車の説明はめんどくさいから、説明が必要な方はココをクリックしてください。
奥泉駅。
駅前には何もありません。旅の雰囲気満点の駅です。

無料駐車場に車を停め、アプト式電車に乗ります。
駅前の像。
弥生時代か縄文時代かわかりませんが、楽しそうな人たちです。

上の画像の建物(トイレです)や、この像など、私は古代史には明るくないので、詳細はノーコメントとします。

ほんとは何か「へぇー」って事があるのでしょうね。
奥泉駅。
マニアが喜びそうな駅です。

私はマニアじゃありませんが、ウキウキしていました。
アプト君が入線してきました。

小さい電車です。
新幹線の65%、大江戸線の75%、ゆりかもめの90%くらいの大きさです。
アプトいちしろ駅で、助っ人電車が連結されます。
勾配のキツい区間なので、レール中央のギザギザレールに歯車を噛ませて走るそうです。
この電車、眺めは最高です。
高い場所を走行するので、気分が良いのです。
景色を観ていて、あまり写真を撮影しませんでした。
いきなり変わりますが、次は千頭駅からSLに乗ります。
千頭駅が始発、終点が金谷駅です。
この機関車は、画像の右方向に走行します。つまり「バック状態」で走行。
往復する際に必ずどちらかの方向で、「後向き状態での」運行をするのです。

なんて不恰好な。SLの勇姿を楽しみに来たのに。
現地でこれを見た人の70%は、こう思うでしょう。

「そこのターンテーブルなぜ使わん?」

終点の金谷駅にターンテーブルが無いのかな・・・理由を知ってる人がいたら教えてください。
SLも古けりゃ客車も古い。

乗務員の方が、いろいろ説明やアナウンスをしてくださったのですが、興奮していて全く聴いていませんでした。
この文章によると、この客車は昭和10年代から20年代にかけて使用されていたようです。

もちろん私は生まれていない時代ですが、なんだか懐かしい感じがします。
終点まで行かずに、途中下車をして、デリカの待つ駅に戻りました。

右の電柱看板の錆びれ具合や、SLの蒸気など、この写真は戦後間もない時期に撮られたような錯覚がしますね。当時の人たちは、2010年を、どのような世界と想像していたのでしょうか。

当時の予定だと2010年は鉄腕アトムは7歳になっていますが、現代のロボット最先端はASIMO君レベルです。サラコナー&ジョンコナー親子は安心しているでしょう。

まあ、SLとの比較では、時速500kmのリニアモーターカーが試験運転されているので、ある意味では想像通りなのでしょう。

ほんじゃ、また来月
使ったお金は5,000円くらいだよー!
いんちきくせえ。

ソーヤ製品レポート/車中泊の旅ブログ


Copyright (c) 2008 株式会社ソーヤ All Rights Reserved. Designed by SAWYER.