ソーヤ オンラインショップ
 製品レポートブログ  千葉県・房総半島の旅
トップページ 製品レポートブログ お客様投稿 ご利用方法 個人情報保護 お問い合せ

ソーヤ製品レポート/車中泊の旅ブログ

注意事項

最初の目的地は「上総湊港海浜公園」。
駐車場に到着。
右:シャワー設備があります。夏には海水浴客で賑わうのでしょう。
海岸に出てみましょう。
正面に富士山が見えます。建物などの遮蔽物がないので、目の前にあるようにみえます。
絶景度★★
おなかをすかせながら127号を南下していると、「かなや」が見えてきました。
すかさず右ウインカー出して進入。
ここには立派な食事処があるのですが、値段も立派。
5,000円の旅をしてますので立派なところはパス。
仕方なく軽食コーナーに行ってみると、お手ごろな定食がありました。

赤玉ラーメンセット \1,000
ごはんの上に、かじめ+イクラが乗ってます。
ラーメンも普通に美味しいから、この定食はお勧めです。
残り4,000円
食べて地図見て出発です。127号を南下中。
海沿いの道のドライブは気分が良いです。
道の駅とみうら。
2000年の全国道の駅コンクールで一番になった道の駅です。
「枇杷倶楽部」とサブタイトルがついてるくらい、なんでもビワです。ビワだらけ。ビワのキャンディなんて当たり前、ソフトクリームもカレーもなんでもビワ。
画像中央の郵便屋さんもビワ。
うそだよ。
土地限定の物を物色していたら、「北総サイダー\158」を発見。 
上向いてラッパ飲み⇒ 一瞬で口の中で炭酸が膨張⇒ 顔面サイダーだらけになりました。炭酸キツすぎ。

同行者である友人に黙ってサイダーを渡したら、同じように顔面サイダーになっていました。ざまあ。

ついでに購入→夜のツマミのビーナッツと安房ビール 計\1,050

残り2,792円
夕方になりました。道の駅「三芳村」鄙の里
買い食いしたくて仕方ありません。なにかイイ物ないか物色。
この道の駅には足湯があります。
小学生が足湯の横で足を乾かしていました。
きっとタオルを持たずに入って、あとで「やべっ、濡れてて靴下履けない」って気付いたのでしょう。
その小学生を見て、私もタオルを持っていないのに気付きました。
しかしまだ入浴する前です。さすが40歳。ヘマはしません。

・・・・・ありがとう、小学生。
いきなりですが、買い食いしないで普通に食事処に入りました。
メニュー見たら美味そうだったもので、つい・・・
伏姫膳 \1365

今回の私はガツガツ食べてしまってます。大丈夫か予算?
残り1,427円
本日最後の目的地、「見物」に到着です。
見物とは地名です。ココは館山内房の先端近くです。
地名の由来は定かでありませんが、磯辺→海→空→向こうの陸地→富士山が全て一望できる、素晴らしい場所です。だから「見物」でしょう、きっと。
本来ならココから富士山が見えるのですが、本日は富士山が見えません。富士山が見えれば、ココに座ってお茶をズルズル飲むと心地良さそうですね。
 
さあ、これからスーパーでビール&焼酎買って、本日の宿泊地に移動します。

スーパーでの買い物(アルコール類)同行者と割勘で一人\600くらい

残り827円 ピンチ!
今回の宿泊地「沖ノ島」です。正確には沖ノ島に入る直前の海岸です。
沖ノ島はデリカの後ろに見えています。島と言っても砂浜で繋がっていますが。

先程の見物では観られなかった富士山が、夕焼け空の中に確認できます。
早速ビールで乾杯しました。絶景の中で飲むビールは最高の贅沢です。
小型コンロが1つしかなかったので大した料理は作れませんが、景色と気の合う仲間のおかげで大満足なのです。
これがしたくて旅をしているようなものです。
中村君との星空宴会は夜中まで続きます。
宿泊は『ホテルスターファイブ』

※上記の製品(チェック柄)は販売しておりません。撮影用です。
 オハヨゴザイマス、シャチョサーン。

今日も快晴です。昨日は夕方に到着したため、沖ノ島探検が出来ませんでした。
今から沖ノ島に上陸します。
島に上陸すると、すぐに小屋が見えてきます。
トイレ&休憩所です
日中だと分かりにくいですが、夜は大変です。
世の中のオバケが全部集合しているような雰囲気のトイレに変身します。
沖ノ島の中、その1。
夏は泳げます。
沖ノ島の中、その2。
洞窟発見。
沖ノ島の中、その3。
洞窟の中。
おそらく夏は、ここで寝てる人がいるのでしょう。
テント不要ですから。
沖ノ島の中、その4.
島の一番奥は綺麗な海岸。

いや〜、ホントいい島だ。
さて、おなかすいたから、なにか食べに行こう。
827円しかないけど。
ブラブラ走行していたら現れましたお風呂。
房総半島の最下部にあり、ジャングル風呂がある「ジャングルパレス」
以前入浴したことがありますが、なかなか良いです。

「そういえば俺たち風呂に入ってなかったなぁ。汚いけどいいや。だって予算が残り827円しかないもん。買い食いできなくなるもんね。」

通過。
道の駅ちくら・潮風王国。
ここは今回の旅で一番気に入った道の駅。
道の駅に展示してある船に浸入。

おお、これが操舵室か。感激だ!
みんな同じこと感じるのでしょうが、自分が船長になった気分です。
しかし、あれこれイジっていたら、2分で飽きてきました。

もういいや。おなかすいたな。
操舵室から甲板の図。
この漁船が現役の頃、この窓が様々な光景を映していたのでしょうね。
荒れる海や大漁時の歓喜の顔や・・・

まあいいや、おなかすいたな。
さて、食事です。
この道の駅には食事処が2〜3軒あり、我々は食堂「磯笛」に入りました。 
おっ。うまそうだな、これ食べよ。なんか忘れてる気がするが
・・・まあいいや。 
 
 サザエかきあげ丼 \1,050

 
予算オーバー 223円

やっちまった。予算オーバーした。なんも言えねぇ。
予算守るために、風呂入るの我慢したのに、最後の最後でサザエかきあげ丼食っちまった。上司に何て報告しよう・・・

あっ、上司いないや。そういえば俺社長だった。
ってことで、次回から企画を変更します。

変更前 → 5,000円の旅
変更後 → 5,000円くらいの旅 もしくは、だいたい5,000円の旅

また来月っ!


ソーヤ製品レポート/車中泊の旅ブログ


Copyright (c) 2008 株式会社ソーヤ All Rights Reserved. Designed by SAWYER.